2007年05月31日

Tibetan abbot fired for not denouncing Dalai Lama: report

http://news.yahoo.com/s/afp/20070531/wl_asia_afp/chinatibetrightsreligion
AFP - Chinese authorities have forced the head of a Buddhist monastery in Tibet to step down after he refused to sign documents condemning the Dalai Lama, Radio Free Asia reported Thursday.
公然と非難しないダライ・ラマのために解雇されるチベットの大修道院長: レポート
AFP -中国政府はダライ・ラマを非難している彼が文書に署名することを断った後チベットの仏教の僧院の頭部を無線で送る木曜日を報告される自由なアジアを降りさせる。

posted by 果科 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43445295
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。