2007年04月30日

Group: China falls short of rights goals

http://news.yahoo.com/s/ap/20070430/ap_on_re_as/china_human_rights
AP - China has failed to live up to promises to improve human rights for the 2008 Olympics in Beijing despite reforms to the death penalty system and more freedoms for foreign reporters, Amnesty International said in a report Monday.
グループ: 中国は権利の目的に及ばない
ap -中国は死刑システムに改良にもかかわらず北京の2008のオリンピックのための人権および外国レポーター、レポート月曜日で言われるのためのアムネスティ・インターナショナルより多くの自由を増進する約束を果たさなかった。

posted by 果科 at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 機械翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Amnesty International-China: Olympics countdown - important reforms marred by increasing repression - アジア - ニュース
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=293

なんだ英語のままか。
Posted by 果科 at 2007年05月02日 11:44
日本語になった。

Amnesty International-中国:オリンピックまで秒読み―弾圧強化で重要な改革進まず - アジア - ニュース
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=293
中国では死刑制度が大幅に改正され、外国人ジャーナリストに関する新しい法律が制定されたが、オリンピック開催に関わるそれ以外の人権状況はほとんど改善がなく、人権運動や国内ジャーナリズムに対する弾圧は強くなっていると、アムネスティ・インターナショナルは4月30日に述べた。


アムネスティは、2008年北京オリンピック開催に向けて中国が約束した人権状況の改善についての最新の評価の中で、少なくとも北京では、オリンピックを口実に裁判なしでの拘禁が増加していると結論づけた。

アムネスティのアジア・太平洋部のキャサリン・バーバー副部長は次のように述べた。「死刑判決に関する法改正や外国人ジャーナリストへの規制緩和などの新たな改革は、中国における人権尊重に向けた重要な動きだった。しかし残念ながら同時に、裁判なしの拘禁や活動家の「自宅軟禁」が増え、国内メディアやインターネットの統制が強まっている。国の内外のジャーナリストに対して平等の権利を保障しないのはダブルスタンダードである。オリンピックのために「メディアの完全な自由」を保障するという約束を、中国はまだ果たしていない」。

中国は、オリンピック開催国としての「安定」と「良質な社会環境」を目指すあまり、このような方策をとっていると思われる。オリンピックのような大規模な国際大会を開催する国がこうした懸念を有することは理解できるが、政策と執行は法の支配と人権の尊重に基づいて行われなければならない。でなければ、さらなる不満が生まれる危険がある。

「労働を通じての再教育」を改正あるいは廃止する動きは頓挫したままである。2008年8月までに北京を「きれいにする」口実としてオリンピックを利用し、「労働を通じての再教育」が拡大適用されていることは明らかである。北京の警察は最近、裁判なしの拘禁形態である「薬物中毒者の強制リハビリ」を、現行の6カ月から1年に延長し、薬物使用者に「オリンピックまでに薬物をやめる」よう強制できるようにすることを提案した。

「中国にとってオリンピックが「永遠の遺産」となることを真剣に望むなら、中国当局および国際オリンピック委員会(IOC)は、オリンピックが拘禁形態を確立・拡大する口実として利用されていることを憂慮すべきである。中国では、こうした拘禁形態は多年にわたって改革の議題であった」とキャサリン・バーバー副部長は語った。

アムネスティは中国当局とIOCに対して最新の人権状況評価を送付した。この評価の中でアムネスティは、人権問題はオリンピックの開催に直接関連する問題であり、「人間の尊厳の保持」などのオリンピック憲章の主要原則であると述べた。

キャサリン・バーバー副部長はさらに、「競技場を作るために立ち退きを強制される家族や、人権問題に注意をひきつけようとする平和的活動家の「自宅軟禁」の増加などの人権侵害という汚点のあるオリンピックを、IOCが望むはずはない」と述べた。
Posted by 果科 at 2007年05月07日 14:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40436227
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。