2007年01月30日

The Mystery of the Chinese Baby Shortage - New York Times

http://www.nytimes.com/2007/01/23/opinion/23russell.html?ex=1170219600&en=d7c7dbc7d521f51c&ei=5070

And what happened to these girls? According to the International Planned Parenthood Federation (a term that takes on a whole new meaning when referring to China), there are about seven million abortions in China per year, 70 percent of which are estimated to be of females. That adds up to around five million per year, or 50 million by the end of the decade; so where are the other 10 million girls? If even 10 percent end up in orphanages... well, you do the math.

And yet, I continued to wonder whether, as China increasingly asserts itself on the world stage and prepares to host the 2008 Summer Olympics, allowing Westerners to adopt thousands of infants each year would fit the image it wanted to project. I suspect not, and China's new restrictions lead me to believe that national pride is more important than getting these children into loving homes.
そしてこれらの女の子に何が起こったか。 中国を示すとき全新しい意味で取る国際的な計画された親子関係連合(言葉)に従う、70%女性であるために推定される1年ごとの中国に約7,000,000中絶がある。 それは1年ごとにおよそ5つまで百万、か十年の終りまでに50 ,000,000を加える; そうある他の10,000,000人の女の子はところにか。 10%児童養護施設に…よく行きつけば、数学をする。

今までのところでは、私は中国がますます世界の段階のそれ自身を主張し、2008回の夏季オリンピックを催すことを準備するように、欧米人をたくさんの幼児を採用することを許可することは毎年写し出したいと思ったイメージに合うかどうか疑問に思い続けた。 私はない疑い、中国の新しい制限は私を国民の自尊心がである信じるために導きこの子供たちを愛情のある家に入れるより重要。
posted by 果科 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。