2006年11月28日

BBC NEWS | World | Asia-Pacific | China jails Uighur activist's son

http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/6187972.stm

The son of a well-known campaigner for the rights of China's Uighur minority has been jailed for tax evasion in the country's north-west Xinjiang province.

Alimu Ahbudurimu, son of Rebiya Kadeer, was jailed for seven years and fined for evading some $26,000 (=A313,600) in taxes, Chinese state media report.

Another of Ms Kadeer's children, Kahaer Ahbudurimu, was also sentenced and given a hefty fine, but was not jailed.
中国のUighurの少数の権利のための有名な運動家の息子は国の北西新彊の地域の税回避のために拘留された。

Alimu AhbudurimuのRebiya Kadeerの息子は7年間、拘留され、税のある$26,000を(=A313,600)避けるために罰金を科されて、中国の州媒体は報告する。

氏の子供のKadeer's別のものは、Kahaer Ahbudurimuまた、刑を宣告され、が屈強な罰金を、拘留されなかった与えられた。
posted by 果科 at 08:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 機械翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国、著名ウイグル人権活動家の親族に報復判決
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/29552/

中国からのウイグル独立を掲げる国際組織「世界ウイグル会議」(WUC、本部・ミュンヘン)は27日閉幕した総会で、米国在住の女性人権活動家で、今年のノーベル平和賞候補にもなったラビア・カーディル氏を総裁に選出した。これに対し、中国の司法当局は、身柄拘束してきた中国在住の同氏の実子2人に懲役7年の実刑判決などを下す事実上の報復措置に出た。

Amnesty US
http://hateshina.seesaa.net/article/28430966.html

アグネスチャンファンクラブ
http://www.amnesty.or.jp/
Posted by 果科 at 2006年11月30日 13:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28430992
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。